施工事例

フローリング

フローリングは、家の中でも痛みやすい箇所の一つです。

特に窓の付近は雨や日光が当たることも多いので劣化が顕著ですが、10年以上経過しているフローリングは大抵劣化してしまっています。

また、フローリングは傷もつきやすく、椅子や冷蔵庫を引きずったときの傷や穴、凹み、引っかき傷、焦げやシミ、そしてジョイントの目立ちなど、依頼内容も様々となります。

こうした傷や汚れなども、元どおりに修復させていただきます。

建具(扉)

扉の交換には、かなりの金額がかかることをご存知でしょうか?

フラッシュドアは、交換するとなると同じものが存在しないため、想像している以上に費用がかかってしまいます。

まず扉の本体が10万円程度、穴が開いてしまった扉の処分に10万円程度、新しい扉の取り付けの工賃が2万円程度、手配現場管理で2万円程度と、総額15万円はかかってしまうのが相場です。

それでも以前と同じようにならないことのほうが多いので、割に合いません。

部分補修であれば、費用は半分以下で、補修箇所がほぼわからないようにリペアできるのです。

傷や穴の修復はもちろん、木目の塗装であってもきちんと元の通りに再現が可能となっております。

仕上げ壁や石膏ボードなどの間仕切り壁の穴・傷の修復を行います。

損傷の具合に応じて処置を行い、元の壁の状態になるべく近い状態を再現いたします。

PAGE TOP